マックのポテトの材料・原料は?謎と真実 | 社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る

マックのポテトの材料・原料は?謎と真実

Sponsord Link

マクドナルドのポテトの
材料・原料を知っていますか?


マックのポテトといえば、
2014年7月29日現在
Lサイズでも150円というキャンペーンをやっており、
注目の集まっているポテトです。


マックのポテトの材料・原料は?謎と真実




また、だからこそ、
「身体に悪い材料が含まれているのでは?」
と憶測もされてきました。


実際、マクドナルドのマックポテトの材料・原料はどうなのか?

調べてみました。



マックのポテトの魔法?


「マクドナルドのポテトは謎の魔法がかかってる」
なんて噂がされたことがありました。

理由は、マックポテトが腐りにくく、
色も変わらないからです。

「イモなら変色しないとおかしい」
「実はイモじゃないのでは?」

なんて都市伝説も生まれたものです。

アメリカでは、マクドナルドを題材としたドキュメンタリーまで撮影され、
賛否を巻き起こしたものでした。

こうなると、さすがに傍観はできないのがマクドナルドの立場。


ついに、謎だったマックのポテトの材料・原料が公開されたのです。

その材料とは……。



マックのポテトの材料・原料は?


なんと、材料は17種類。


ジャガイモ、キャノーラオイル、水素添加大豆油、ベニバナ油、自然調味料、ブドウ糖、酸性ピロリン酸ナトリウム、クエン酸、ポリジメチルシロキサン



と、イモと塩でできているという
基本的なイメージとは違って、
様々な人口料が含まれていました。

色の保持のためのものや、
保存料や消泡剤が入っているのですね。


とはいえ、都市伝説のように
強烈な薬などは使われておらず、
長時間美味しそうに見える工夫がされているだけだ、
ということも判明。


隠していたよりは、
公開して良かったと言えるでしょう。


同時に、エルサイズのマックのポテトが
500キロカロリー以上あることもわかりました。


マクドナルドとの距離感を上手にとって、
健康と楽しい食事のバランスをとりましょう。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る TOP » 雑学 » マックのポテトの材料・原料は?謎と真実