札幌ドームのマネジメント5 | 社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る

札幌ドームのマネジメント5

Sponsord Link

札幌ドームのマネジメントを構成する諸要素について具体的に説明する。



幾何学的錯視のレポートの「結果」




建設当初から株)プリンスホテルがスポンサーになっており、それらと提携した戦略を見据えている。特に、野球関連の企業と協力し合い、道外からの観戦客を増やし、ホテルや飲食関連企業共々、経済効果を狙おうとしている。これは事業拡大戦略でもあろう。


3.ガバナンス
(株)札幌ドームでは、コーポレート・ガバナンスを徹底している。コンプライアンスを徹底し、構成に事業を推進することが、「札幌ドームのCSR」でも述べられている。具体的には、コンプライアンス相談窓口を設置、コンプライアンス意識向上のため研修を実施、ソーシャルメディアガイドラインを制定、リスクマネジメント委員会の設置、暴力団等排除に向けた取り組みなどを行なっている。


4.組織構造
 (株)札幌ドームの組織は、事業本部がトップに存在し、その下に経営企画室、総務部、施設部、営業部、商業分が並立する形態になっている。第3セクターらしい、シンプルな職能制組織である。提供するサービスの種類は多いが、マトリックス組織などにはなっていない。情報伝達がしやすい仕組みに見える。

5.組織行動
 (株)札幌ドームの組織の対人相互作用について記述する。組織メンバーが自発的な医師によって行動するようなリーダーシップはとることができているだろう。「社員一人ひとりが札幌ドーム」という標語を作っているように、各員に権利と責任を持たせており、シフト制にも柔軟性を持たせているようだ。もちろん、普段はトップダウンにより業務が行われる形式だろう。
 モチベーションに関しても、社員研修制度の整備、資格取得奨励制度で能力向上を促進、
トレーニングルーム利用料金を助成、幅広い福利厚生メニューの提供などによって保ち、目標達成のために高いレベルの努力を行おうとする組織メンバー個人の意思を高めていることが分かる。
日々共同組織が増加し、黒字経営になっていることを考えると、コンフリクト解消もされていることだろう。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

    顧客について記述する。 (株)札幌ドームの顧客として最初に意識されるのは、施設の利用者である。 つまり、野球、サッカー等…

    026635

    札幌ドームのマネジメントを構成する諸要素について具体的に説明する。 ②今後,(株)札幌ドームはどのようなマネジメントを展…

    これらの企業との関連も見逃せない。 テレビや新聞といったメディアとの協力関係は、外部に向けた施設の印象に関わり、飲料・食…

    026635

    株)札幌ドームのマネジメントを構成する諸要素について具体的に説明する。 札幌ドームは2001年6月に開場した施設であり、…

    026635

    札幌ドームのマネジメントを構成する諸要素について具体的に説明する。 6.組織成果 (株)札幌ドームは、黒字経営であり、年…

この記事へのコメント

社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る TOP » 未分類 » 札幌ドームのマネジメント5