保養センター駒岡運営について1 | 社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る

保養センター駒岡運営について1

Sponsord Link

保養センター駒岡運営について記述します。



幾何学的錯視のレポートの「結果」



私は、「保養センター駒岡運営管理費」が、不要であると考える。

たしかに、保養センター駒岡のような、高齢者や障害者向けの施設は確実に必要とされており、ただ無策で潰すわけにはいかない。

しかし、このような施設は民間で運営が可能である上に、この保養センター駒岡があるせいで、完全民間運営施設が苦境に立たされるから、現状のまま存続させるわけにはいかないのである。

保養センター駒岡運営管理費は約1億円で毎年かかる。

そして、改修工事を行う必要があり、その費用が5.4億円である。

すなわち、この費用より安く済む方法で代替案を出すことが出来れば、保養センター駒岡の運営管理費を廃止した方が効率が良いことになる。

では、どのような方法が良いだろうか。

 私は、民間の高齢者・障害者向け入浴・宿泊施設の税金を、優遇するという方法が良いと考えている。

そうすることで、バリアフリー施設などの参入企業が増加し、絶対数を増やすことができる。

今後の高齢社会において、保養センター駒岡がひとつあれば良いということにはならない。

需要にこたえて増やさなければいけないのだから、維持ではなく、増えやすい方法をとるのである。

では、保養センター駒岡を維持しつつ、税金優遇政策をとったらどうか?

 それは無駄に費用がかかるばかりではなく、保養センター駒岡が他の施設を邪魔してしまうだろう。

なぜなら、保養センター駒岡の利用料金は異様に安い。

この安さは、市場競争の邪魔になるからだ。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

    026635

    札幌ドームのマネジメントを構成する諸要素について具体的に説明する。 資源展開については、市や数多くのスポンサーを通して獲…

    015783

    介護事業のレポートです。 介護系のリサイクル事業が、できるのではないでしょうか? という提案で、大学時代に書いたものです…

    026635

    株)札幌ドームのマネジメントを構成する諸要素について具体的に説明する。 札幌ドームは2001年6月に開場した施設であり、…

    顧客について記述する。 (株)札幌ドームの顧客として最初に意識されるのは、施設の利用者である。 つまり、野球、サッカー等…

    これらの企業との関連も見逃せない。 テレビや新聞といったメディアとの協力関係は、外部に向けた施設の印象に関わり、飲料・食…

この記事へのコメント

社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る TOP » 未分類 » 保養センター駒岡運営について1