残業代ゼロ法案とは?いつから?わかりやすく解説!英語が鍵とは | 社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る

残業代ゼロ法案とは?いつから?わかりやすく解説!英語が鍵とは

Sponsord Link

残業代ゼロ法案を、ご存知でしょうか?

「あー残業代ゼロ法案ね
聞いたことあるけど、良く分からん」

という人も多いですよね。


#



こうしたニュースに登場する用語は、
理解する前に話題になっているケースが
多いものです。

そこで、残業代ゼロ法案とは何なのかを、
わかりやすく解説してみます。

「いつから?」
「英語が話せる奴が得するの?」

といった、(時々ズレた)ネットの声についても、
言及してみる次第です。




残業代ゼロ法案とは?わかりやすく解説!


残業代ゼロ法案とは、

・残業時間の限度をなくそう
・残業に応じて支払う残業代をなくそう

という、すごく文字通りの法案です。

「まさかそんな単純な法案なわけがない」

と思って、複雑に考えている人が多い模様ですが、
かなりシンプルなのです。


元々は年収1000万円くらいの人から導入される、
と言われていたのですが、
最近はその年収などの話も取っ払われました。


この残業代ゼロ法案とは、正式名称を
日本型新最良労働制といい、自民党政権が主導で進めています。


「なんで残業代ゼロにしたいの?」
というと、

・仕事が遅い人が残業代を多くもらっている

といった矛盾を解消するための法案だ、
ということになっています。


「優秀な人は仕事を早く切り上げて、残業をなく帰れる」
ということです。


ただ、
「仕事のペースは変わらないから、ただ給料が減るだけでは」
といった反論もあります。


そもそも日本の企業は
「ここまでが自分の仕事」と決まっていないケースが多く、
チームで動く仕事が多いため、

結局優秀な人も巻き込まれてサービス残業になる
といった可能性も指摘されているのです。



残業代ゼロ法案はいつから?英語が鍵って?


この残業代ゼロ法案は、いつから導入されるのでしょうか?

まだ法案の段階ではありますが、
2016年にはスタートさせようとしているようですね。

2014年6月24日現在から、あと2年もないわけですが、
通るのでしょうか。


一部では
「労働環境がひどすぎて、
英語が話せる人は、海外で働くようになるのではないか?」
といった指摘もあります。

英語を身につけるのが、
護身術となるのでしょうか?


この英語の本がめちゃくちゃ売れているらしいですが、
残業代ゼロ法案の対策にも使える……かも知れません。




Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る TOP » 雑学 » 残業代ゼロ法案とは?いつから?わかりやすく解説!英語が鍵とは