心的回転のレポート 背景 | 社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る

心的回転のレポート 背景

Sponsord Link

心的回転レポートです。


実験の「心的回転の背景」の部分です。


心理士




幾何学的錯視のレポートの「結果」



背景
認知心理学では、心的イメージを「現実に物理対象が存在しないにも関わらず生じる類知覚体験」として扱っている。例えば、人間は目の前にリンゴがなくても、リンゴの形や手触り、味と言った要素を思い浮かべることができる。これが人的イメージだ。
さて今回は、心的イメージの中でも、イメージの操作に焦点を当てる。イメージ操作とは、心的に物体を操作することであり、シェパードとメッツラーが発見した。一例を挙げると、リンゴを頭の中で縦向きから横向きに回転させるような操作がイメージ操作である。
シェパードとメッツラーは、並べられた二つの物体が、同じであるか鏡像であるかを見分ける心的回転の実験を考案した。心的回転の実験では、同じ物体である場合も、角度を回転させた物体を混ぜておき、それを見分けさせた。すると、回転角度が増えるほどに、同じ物体だと見分けるまでの反応時間が増えることが分かった。この結果から、被験者は正像になるように像を心的に回転させており、その回転にかかる時間が角度に比例しているのだと、シェパードとメッツラーは考察した。すなわち、イメージ操作にかかる時間は、現実の物理的対象を操作する場合と同じように伸びていたのである。心的イメージが現実の知覚体験と類似していたのであり、心的イメージが類似知覚体験であるという説を裏付ける結果であったと言える。
本研究では、こうしたイメージ操作、特に心的回転について、二次元記号でもシェパードとメッツラーの実験を再現することができるのかを再検討し、考察した。

目的
 記憶した図形との異同判断を行う場合、判定時に提示される図形の回転角度とともにその判断時間が増加するのかどうかを調べる。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る TOP » 未分類 » 心的回転のレポート 背景