ネガティブな共感を誘うTV番組 | 社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る

ネガティブな共感を誘うTV番組

Sponsord Link

※知人の話です。


ネガティブな共感を誘うTV番組



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

視聴率が取れるからだろう。

「女ってダメね」
「男ってダメね」
という共感を誘う番組が、多い。

離婚のエピソードを、面白おかしく扱うものも多い。




僕は普段、そんなにテレビを付けないけれど、
家族が揃った時には、バラエティをつけてみる。

僕がつけなくても、父か母がつける。

そうすると、そんな番組ばかりやっていて、
ネガティブな共感を誘ってくる。
時に離婚を推奨している。

「うわぁ」と思って、テレビを消したくなるが、
付けておいて消すのはわざとらしい。
いきなりチャンネルを変えるのも不自然だ。

仕方なくそのままにしておくと、やっぱり空気が濁って重くなる。

「女ってダメね」という話で、父が笑う。
すると母が、音を立ててコップ置く。

「男ってダメね」という話で、母が笑う。
すると父が、舌打ちする。

弟が咳払いし、僕は話を逸らそうとして、すべる。


対処療法は思いつくけれど、みんなそんなに馬鹿じゃない。
習慣を変えたら、僕の意図に気付き、余計に空気が変になる。
そんな気がする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


なんだか、怖いですね。

家庭の空気が、テレビ番組によって、
さらに重くなってしまう現実。

まあ、この知人の場合は、
根本的な原因は、テレビではないところにあります。

しかし、テレビのような
娯楽作品は、「楽しさを増幅する機械」
であって欲しいですよね。

ところが、人を批判するタイプの番組は、
視聴率が取れるためか、たしかに増えています。

これについては、
テレビ局に文句を言っても仕方がないです。

ですから、デリケートな関係の人と、
一緒にテレビを見ないようにするのが、
個人にできる対処法かも知れません。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る TOP » 雑学 » ネガティブな共感を誘うTV番組