ローラアルバート 現在は?JTリロイ自伝小説で裁判!作者神に背く | 社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る

ローラアルバート 現在は?JTリロイ自伝小説で裁判!作者神に背く

Sponsord Link

ローラ・アルバートさんという女性の
現在について、ご存知ですか?


ローラアルバート 現在は?JTリロイ自伝小説で裁判!作者神に背く



「ローラアルバートってだよ?」
という方のために、一応説明しておくと、

JTリロイ」という
少年が書いた自伝小説の、作者です。

「ん?少年の自伝小説の作者が女性?」
と疑問に思った方も、いるでしょう。

そうなんです。

実は、ローラ・アルバートさんは、
嘘つきだったのです。




ローラ・アルバート、JTリロイ自伝小説で嘘を?




というのも
『サラ、神に背いた少年』と
『サラ、いつわりの祈り』という本は、

「JTリロイという人物が書いた実話」
ということで、ベストセラーになったのですが、

実は、全部フィクションだったのですね。

つまり、ローラ・アルバートさんが、
本を売るために「架空の少年」を捏造しました。

そんなローラ・アルバートさんは、現在どうしているのでしょうか?



ローラ・アルバートさんの現在?




そんなローラ・アルバートさんですが、
まずは、裁判になったそうです。

誰が訴えたのかというと、
映画会社です。

JTリロイの本を映画化した会社が、
だったのかよ!詐欺じゃないか!」
と訴えました。

ローラ・アルバートさんは、
見事詐欺罪有罪に。

賠償金を支払いました。

が、別に、ローラ・アルバートさんが破産したりはしていません。

映画会社以外とは、裁判にならなかったからです。



捏造は意外と訴えられない!?




ローラ・アルバートさんの件もそうですし、
佐村河内守さんのゴーストライター騒動もそうでしたが、

捏造って、意外と訴えられません。。。

なぜかというと、
「誰が被害にあったのか」が、良く分からないからです。

ローラ・アルバートさんの捏造本を読んだ読者は、
いちいち訴えませんよね。

したがって、「JTリロイ」の自伝本の印税は、
相変わらずローラ・アルバートさんに入っています。



ローラ・アルバートさん、現在も活動継続!




度胸があるなあ、と思ったんですが、
ローラ・アルバートさんは、その後
作家」と名乗るようになったんですね。


2012年に映画賞の審査員を行ったりも、されています。

嘘をついたという意味では、
『サラ、神に背いた少年』と
『サラ、いつわりの祈り』を書いた作者が、
一番「神に背き」、「いつわり」だったわけです。

が、芸術大学で講義を行ったり、
募金活動を行ったり、クリエイターとして、
活動されています。



開きなおってみる大事さ?


いやー人間、堂々と活動すれば、
落ちぶれたりしないものなんですね。

実際、私達の職場でも何か失敗した時に、
くよくよ気にしている人より、

「すみませんでした!明日からまた頑張ります!」

と叫んで、元気に仕事している人の方が、
ありがたいものです。

開き直るのも才能ですね。

ローラ・アルバートさんを見習い、
あなたも開き直ってみては、いかがでしょうか(?)。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る TOP » 雑学 » ローラアルバート 現在は?JTリロイ自伝小説で裁判!作者神に背く