2020年問題でシステムエンジニア不足?みずほ不安? | 社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る

2020年問題でシステムエンジニア不足?みずほ不安?

Sponsord Link

2020年問題という、
システムエンジニア不足問題を、ご存知ですか?


2020年問題でシステムエンジニア不足?みずほ不安?



「2000年問題とかもあったよねー」
と思った世代の方も、いるかも知れませんね。

インターネットで検索すると、
住宅や地球環境の問題も出てくるのですが、
今話題の2020年問題は、ITとSEに関するものです。

そちらとは、関係ありません。

では、システムエンジニアの2020年問題とは、
何なのでしょうか?

みずほが関係しているらしいのですが……?




システムエンジニアが不足?


2020年問題には、システムエンジニアが関係しています。

「つうかシステムエンジニアって?」
という方のために簡単に説明すると、
システムエンジニアとは、コンピュータのソフトなどを、
設計する人ですね。

略称でSEと、呼ばれます。

システムエンジニアは和製英語で、
テキトーに使われている言葉なので、
「プログラマ」などと明確に区別されていません。

さて、そんなシステムエンジニアが、
不足しているのはなぜなのでしょう?

原因は、みずほ銀行などのシステム統合が関係しているといいます。

この統合とは、
「旧みずほコーポレート銀行」と「旧みずほ銀行」が合併したから、
システムをくっつけて一新するものなのだとそうです。


しかし、みずほは、
2002年と2011年にシステム障害を起こしてます。

失敗がもう許されません。

そこで、3000億円を使って、20万人を動員し、
徹底的にシステムを構築するのですね。

したがって人手が大量にいるのですが、
システムエンジニアはそんなにいないわけで、
不足しているというわけです。

この傾向は、みずほ銀行以外でも、
2020年のオリンピック頃までは継続すると考えられます。

では、システムエンジニアになれば大儲けできるのか?

というとそうでもないのですね。



後に、システムエンジニアあまりの時代に?


システムエンジニア不足の2020年問題は、
それが終わればシステムエンジニアが余ってしまい、
逆に仕事がなくなる問題と表裏一体です。

どこもコンピュータの時代に対応させるために、
必死にシステムエンジニアを募集していますが、
作業が終われば、もういりません。

さらにです。

システムエンジニアと一言でいっても、
コンピュータは年々進歩していきます。

覚えた知識がすぐ使えなくなるので、
勉強し続けられる環境にいないと、
結局仕事がなくなるシステムエンジニアも多いのだとか。

どこもかしこも苦しそうで、
一体誰が得をしているのか分からない状態ですね。


みんな落ち着いて、「何のためにこの仕事をしているんだっけ?」
と考えるべきかも知れません。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る TOP » 雑学 » 2020年問題でシステムエンジニア不足?みずほ不安?