珍島沖の場所と地図は?読み方は?海割? | 社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る

珍島沖の場所と地図は?読み方は?海割?

Sponsord Link

「珍島沖」という単語がを読んで
「珍島沖ってどこ?」
と思う人も、いるでしょう。



#




特に、音が聞けないネットの女王方サイトで読んだ場合に、
「珍島沖の読み方が分からん」となっているかも知れません。

というわけで、簡単にまとめます。

珍島沖の、地図と場所と、読み方です。




珍島沖の場所と地図は?読み方は?


珍島沖は、「ちんどおき」と読みます。

珍島という島の、沖のことですね。

珍島沖は、韓国半島の西南にある島で、けっこう大きいです。

こちらの地図を、ご覧ください。


大きな地図で見る


私はもっと小さい島かと、勝手に想像していたんですが、
面積は372キロメートル、
人口が、3万人です。

韓国船は、済州島に向かっていましたが、
済州島よりも珍島に近い位置で、転覆しました。



珍島の海割れって?



珍島沖の場所と地図は?読み方は?海割?



転覆の事件と直接関係ありませんが、
珍島と聞くと、「珍島の海割れ」を思い出す人も、
いるでしょう。

「珍島の海割れ」とは、4月から5月の初夏にかけて
海が裂けて地面があらわれる現象です。

40メートルの幅の道のようなものが生成されるとのことで、
観光客も多く訪れます。



増える?減る?観光客


2014年は、珍島が注目されました。
肯定的なニュースではありませんでしたが、
珍島自体に問題があったのではありません。

となると、露出に伴って、観光客が増えるのか、
はたまた、減ってしまうのか、
経済効果は、分かりませんね。

もし増えてしまった場合、
「なんでもいいから騒ぎを起こせばいい」
というマーケティングが増える可能性もあります。

消費者としては、そういったマーケティングに
流されないようにしたいものです。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る TOP » 未分類, 雑学 » 珍島沖の場所と地図は?読み方は?海割?