メガマウスとは?杉浦太陽が?生態と名前の由来は? | 社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る

メガマウスとは?杉浦太陽が?生態と名前の由来は?

Sponsord Link

メガマウスを、俳優の杉浦太陽がロケ中に発見したって、聞きました?

というか、メガマウスをご存知ですか?

私は、「大きいネズミかモルモットかな?」
と、名前を耳にした際に思いました。

が、違います。

メガマウスは、サメです。




幻の巨大なサメでで、地球全体でも、
滅多に見られないサメなのだそうです。



生態もよくわかっていないので、
杉浦さんがロケ中に見つけたメガマウスも、
研究のために運ばれて行くんですって。

体調は5メートルもあって、
昔の絶滅した動物に、近いんだそうです。

ダイオウイカが、去年注目されていましたが、
それを思い出しますね。

巨大なで、ネズミとは違うのに、
なぜ、メガマウスという名前なのでしょうか。

どうやら、ネズミのマウスであなく、
口という意味のマウス、みたいです。

マウストゥマウスの、マウスというわけです。


この口で何を食べるのかというと、普通にプランクトンを食べるのんですって。

これだけ大きいと、見つかりそうなものですが、深海数百メートルの世界に住んでいるので、滅多にお目にかかれないみたいです。

宇宙開発よりも先に、人間は、深海を探った方が、いいかも知れませんね。

これから、暖かくなって、海の季節になりますが、こうしたメガマウスのような深海の生物を思い出すと、また違ったロマンを感じられるのでは、ないでしょうか。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る TOP » 未分類 » メガマウスとは?杉浦太陽が?生態と名前の由来は?