幾何学的錯視のレポートの「目的」 | 社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る

幾何学的錯視のレポートの「目的」

Sponsord Link

「幾何学的錯視」のレポートです。



心理士




幾何学的錯視のレポートの「目的」




目的
 ミュラー・リヤーの錯視図を用い、主戦と鋏辺の間の角度(鋏角)が主線の長さに及ぼす影響を調べる


方法
実験参加者
 行動科学実験実習受講者の25名であった。全員, 刺激の認知に関する視力上の問題はなかった。

材料
 実験の刺激図形は、ミュラー・リヤー錯視図形を用いた。標準刺激の主線の長さは10cm、矢羽の長さは3cmに固定されているが、鋏角は60度、120度、180度、240度、300度の5種類が用意した。この標準刺激に直線のみの比較刺激を差し込み、スライドさせられるようにした。

手続き
 被験者がみずから器具を調節して、標準刺激の主線と等しい長さに見える位置を判断した。調節は、一回の判断につき四度までとした。これによって分かった比較刺激の長さ(主観的等価点、point of subjective equality: 略称PSE)を、実験参加者には見えないように、実験者がチェックした。
 PSEと主線の客観的な長さ(10cm)との差が錯視量である。実験者はこの錯視量を毎回記録した。比較刺激より明らかに短く見える点から調節を開始する場合と、比較刺激から明らかに長く見える点から調節を開始する場合を、実験者がランダムになるように調整して繰り返した。5種類ずつの施行を全部で8回、合計で40回行った。一回目、四回目、五回目、八回目は標準刺激を60度から300度に変化させていき、二回目、三回目、六回目、七回目は標準刺激を300度から60度に向かって変化させていった。
 実験参加者には、あくまで見かけの大きさで判断すること、結果の記録を見ないこと、全体を見て判断すること、毎回同じ程度の距離で判断することを予め伝えておいた。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る TOP » 未分類 » 幾何学的錯視のレポートの「目的」