三浦春馬 演技力の評判は?エレン役? | 社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る

三浦春馬 演技力の評判は?エレン役?

Sponsord Link

三浦春馬さんが、進撃の巨人主人公をやる」
って、聞きました?

「え、三浦春馬って人がアニメ声優やるの?」
って、思った方、そうではありません。

実写版映画「進撃の巨人」の主人公を、
三浦春馬さん(23歳)が務めるのですね。



「三浦春馬って、演技力あるの?」
「ということは、エレン役?」
「役者として評判いいの?」
と思う方もいるでしょう。

そこで、三浦春馬さんについて、調べてみました。
ついでに、出身経歴評判にも、ふれますね。




三浦春馬の顔と演技力は「進撃」向きか?


さて、こちらが三浦春馬さんの画像です。



見ての通り、イケメンで、険しい顔をしている時などは、
漫画的なシャープさもあります。

実写版「進撃の巨人」の主演を務めるために、
合っていると言えるでしょう。

ただ、
「イケメンでも演技力がなきゃ意味ないぞ」
という、演技重視の方も多いでしょう。

そこで、三浦春馬さんのこれまでの役柄と、
その評判を調べてみたのですが、「いい感じ」です。

というのも、三浦春馬さんは「僕がいた時間」というドラマで
筋萎縮性側索硬化症」に悩む難しい役どころの青年を、
見事に演じた方です。



こういう病気の役って、わざとらしいのが多いのですが、
上手かった
「ドラマはつまらなかったけど、三浦春馬の演技は良かった」
という評判があったほどです。

「演技は若手俳優の中では一番
といった声も。

ヤフー知恵袋でも、
「三浦春馬さんは演技が上手いですよね?」
という質問に対して、
「誰も反対意見を書き込んでいない」という異常事態に。

「進撃の巨人」のシリアスな演技にも、
期待できそうですね。



というか、三浦春馬さんの経歴は?


「三浦春馬って、いつデビューしたの?」
と思う方もいますよね。

なんたって、三浦春馬さんはまだ23歳

出身地の茨城県から、上京して、
デビューしたばかりでも、おかしくない若さなのですが……。

三浦春馬さんのデビューは、なんと6歳の時!

NHKの『あぐり』というドラマに子役としてデビューしたのが最初です。

以来、土曜ワイド劇場などに度々子役で登場し、
16歳で映画「キャッチ ア ウェーブ」の主役に。


14歳の母」でヒロインの恋人役など、
実力をとわれる仕事を重ねました。



「あーあの『14歳の母』の子か!」
と思った方も、多いのでは?

18歳では「ブラッディ・マンデイ」のドラマの主役になり、
19歳で舞台の主役に!


(画像です)


こうして、すでに50本近くの出演作がある
意味ベテランなのです。

評判も心配ありませんね。



三浦春馬、エレンか分からないけど、期待




「三浦春馬なら、映画『進撃の巨人』のエレン役を任せそうだな」
と思ったかも知れませんが、

ちょっとお待ち下さい。

三浦春馬がエレン役かどうかは、分からないのです。

というのも、実写版の進撃の巨人は、
原作とは違う要素も盛り込まれるそうです。

「えー原作通りがいい」
という原作ファンもいるでしょうが、
映画は時間が限られていますから、展開や設定を変えるのは
仕方のない部分だと言えます。

そんなわけで、主人公の名前も「エレン」ではなくなる可能性があり
「エレン役が三浦春馬」とは言えません。

ただ、なんにせよ期待はしたいですね。
評判のいい実力派俳優、三浦春馬が、
実写版の「進撃の巨人」で活躍する姿を、楽しみにしましょう!


追記。進撃の巨人に関しては「和田アキ子は進撃の巨人を読んだ?」の記事も書きました。
合わせてお読み頂ければ、嬉しいです。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る TOP » 男性芸能人, 芸能 » 三浦春馬 演技力の評判は?エレン役?