幾何学的錯視のレポートの例 背景 | 社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る

幾何学的錯視のレポートの例 背景

Sponsord Link

「幾何学的錯視」のレポートです。



心理士


大学のレポートの「幾何学的錯視」の「背景」部分です。

視覚的注意実験レポートの目的の例 色と形と大きさは?



背景
一般的な社会生活は、視覚情報に頼っている部分が非常に大きい。だから、視覚の受容器である目は、重要な感覚器官であると言える。ところが、目は不完全な感覚器官でもある。その不完全さの一つに、個々の視細胞が、物体との物理距離情報をキャッチできないことが挙げられる。すなわち、目という器官は二次元的な情報しか捉えられないのだ。そこで、人間は脳によって二次元的な情報を解釈し、三次元情報として捉え直している。この三次元情報の推測には、両眼視差などももちろん関係しているが、基本的な遠近法も使われているだろう。つまり、奥に出っ張っている形に見える物は近くにあり、引っ込んでいる形に見える物は遠くにあると推測しているのだ。だが、前述の通り人間の目は三次元情報をそのままキャッチできないので、平面的な記号であっても立体物と同様の方法で解釈することがあり得る。したがって、出っ張っている形状の平面記号を見ると近くにあると感じ、引っ込んでいる形状の平面記号を見ると遠くにあると感じるはずなのだ。これは特に、直線の物体に囲まれた先進国の生活では、顕著な傾向として表れるだろう。その結果として、見かけの大きさの感じ方が変わると考えられる。そこで今回は、もっとも簡易的な「出っ張っている形状の記号」と「引っ込んでいる形状の記号」であるミュラー・リヤー錯視の図形を使って、記号の形状が実際に見かけの長さに影響を及ぼすか、検証する。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

    プリント

    「行動力がない」 と悩んでいる方は、いないでしょうか? そういう方は、情報をシャットアウトしてみると、 いいかも知れませ…

    心理学

    心的回転レポートです。 実験の「心的回転の背景」の部分です。 背景 認知心理学では、心的イメージを「現実に物理対象が存在…

    心理学

    心的回転レポートです。 実験の「心的回転の考察」の部分です。 考察 30度間隔においては、60度よりも90度の方が反応時…

    026635

    「幾何学的錯視」のレポートです。 目的 ミュラー・リヤーの錯視図を用い、主戦と鋏辺の間の角度(鋏角)が主線の長さに及ぼす…

    心理学

    「系列位置効果」のレポートです。 実験の「系列位置効果 背景」の部分です。 アトキンソンとシフリンが提唱した二重貯蔵モデ…

この記事へのコメント

社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る TOP » 未分類 » 幾何学的錯視のレポートの例 背景