間寛平がアメマバッジで負債!保証人の大損と借金返済! | 社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る

間寛平がアメマバッジで負債!保証人の大損と借金返済!

Sponsord Link

「間寛平さんが、数千万円の借金をしていた経験がある」
って、ご存知でした?



間寛平さんと言えば、「かい〜の」といってギャグで有名な
お笑い芸人さんですよね。

お人好しであることでも知られており、
何か困っていても、
誰かに助けてもらえそうなキャラクターですよね。

ですが、間寛平さんはその人の良さをつかれて、
数千万円の負債を背負い、借金に困ったことがあるそうです。

一体、どういうことなのでしょうか?



すぐに連帯保証人になる



間寛平がアメマバッジで負債!数千万円の大損とは?保証人で借金?



テレビで見ているといいひとそうな間寛平さん。

プライベートでも、そのイメージ通りの行動をしているらしく、
頼まれ事は快く引き受けるそうです。

その姿勢は立派なのですが、すぐに連帯保証人になってしまうという
困った癖もあるそうです。

そのせいで「歩くハンコ屋」とアダ名を付けられたりも
しているのだそうです。

連帯保証人と言えば、負債、借金の可能性もあって、
家族でも引き受けかねるものですが、間寛平さんは抵抗なかったんですね。。。

ですが、事実として借金を肩代わりするハメなどになり、
数百万円の負債を返さなくてはいけなくなっていったそうです。

間寛平さんは、どうしたのでしょうか?


アメマバッジを発注し悪化


さて、そんな間寛平さんが、
借金を返そうとして作ったのが、アメマバッジです。


間寛平がアメマバッジ負債!数千万円の大損とは?保証人で借金とは?



アメマバッジとは何かといいますと、アメママンのバッジのようです。

86年に放送された「今夜は眠れナイト」という番組を見ていた方なら、
知っているかも知れません。

(私は当時生まれていないので知りませんでした)

番組に人形劇のコーナーがあって、
アメママンというキャラクターの声を、
間寛平さんが演じていたのだそうです。

アメママンの人気は、たしかにあったので
バッジを作ったら売れる」という話が持ち上がったんですね。


アメママンはテレビ局のものなので、
間寛平さん自身が出資したりする必要は、
本来なかったのですが、すでに負債があったのが問題でした。

間寛平さんは「借金を返すために儲けよう」として
アメマバッジを10万個発注したそうです。

目が光るだけの簡単なバッジなのだそうで、1500円で売る予定だったといいます。

けっこう高いな、って気もしますが、なんと原価が630円
意外と費用が高く、ボッタクリというほどでもありませんね。



アメママンのブーム、終焉


ところが、アメマバッジが完成した頃には、
「今夜は眠れナイト」の放送が終了

間寛平さんの元には、
無駄に大量のバッジが残っただけになってしまったのです。

業者に、数千万円の費用を請求されてしまいます。

困った間寛平さんは、
金融業者に、泣いている我が子をみせ
同情させて利子を免除してもらうなど、必死になったようです。

裁判所で「アメマ」の意味を尋ねられて、
その場で真顔でギャグを披露するなど(笑)
様々なエピソードがあります。



見事に完済!


仕事自体はあったので、必死に働くことで借金を返済できたそうです。


いやあ、借金はこわいですね。
私は、生活に困っても、
借金をしない方法でなんとかすることにします。

ただ同時に、返済手段を考えて実行すれば、
人生なんとかなるものなんだなあ、とも思いました。
希望は捨ててはいけませんね。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事のコメント

この記事へのコメント

社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る TOP » 男性芸能人, 芸能 » 間寛平がアメマバッジで負債!保証人の大損と借金返済!