森岡弘のファッションスーツ術とは?本を出版するスタイリストの方法 | 社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る

森岡弘のファッションスーツ術とは?本を出版するスタイリストの方法

Sponsord Link

「旦那さんのスーツ姿がダサい」と思っている方、いらっしゃいませんか?

実は、森岡弘さんという方が、スーツを着こなす方法を教える
ファッションディレクターというお仕事をされているそうです。




森岡弘さんは、本の出版もされている有名な方で、
ファッション的にスーツを着る方法を説かれているのです。

ファッションといっても、もちろん実際にビジネスシーンで使える方法です。
では、どのようなファッション術なのでしょうか?




サイズが合ったものを



森岡弘のファッションスーツ術とは?本を出版するスタイリストの方法



ファッション全般に言えますが、
ビシッとサイズがあった服を着るのって、
大事ですよね。

オシャレな服も、サイズがズレているとカッコ悪いです。

やはり、スーツもオーダーメイドがいいということになりますね。
裾だけではなく、肩幅・身頃幅・太さ、など全身が大事のようです。



靴はめちゃくちゃ重要


私は「あーそうかも」って思わず共感したんですが、
森岡弘さんいわく、スーツにおけるはめちゃくちゃ重要だといいます。

まあ、スーツ以外のファッションでも重要だと思いますが(笑)
はいている靴が安物だと、スーツの価値が下がって見える、と。

靴に8万円かけてもいい」と森岡弘さんはおっしゃいます。

ほとんどの人は、20万円の予算があったら、
20万円のスーツを買おうとしますが、

十数万円のスーツと、数万円の靴の方がビシッときまるようです。

森岡弘さんは、黒のストレートチップを推奨しています。



単色ネクタイ


ネクタイといえば、ストライプやドット柄などが一般的です。

ファッションを専門にしているスタイリストの森岡弘さんは、
さぞ複雑な柄をおすすめするのかと思いきや、

違うのです。

正統派でモダンな印象の、単色ネクタイを選ぶ方が、
かっこいいとおっしゃいます。

単色にした上で、の濃さや淡さでおしゃれをする、と。
なるほど、良さそうですね。

また、当たり前ですが、結び方や長さのバランスにも、
気を払うべきなのですね。


柄は2つまで


上のネクタイの話にも通じている点なのですが、
ようするに柄が多いとださい、ということですね。

だから、「持ち物の中で、柄の入ったものは2つに抑える
ことを推奨しているのだそうです。

スーツ、シャツ、カバン、ネクタイ、時計などなどの中で、
柄の入ったものは少なく抑える。

たしかに、ごちゃごちゃしてなくて、かっこいいですね。


小物を手抜かない


ベルトの手抜きが見えると、一気にださくなるので、それも良くないのですね。

私が以外に感じたのは「靴下を意識させない」って点です。
靴下を派手にしたりするのではなく「目立たなくする」のが、
究極のオシャレ感覚らしいです。

時計は薄い革ベルトがいいみたいですが、これ、持っている人は少ないですよね。


世界観のある本


森岡弘さんのこういったファッションスーツ術は、
この本「着る人も 選ぶ人も 知ればランクアップ! スーツの鉄則」
にまとまっています。

私も読んでみましたが、普通のファッション本より、
断定的で、作者の世界観があって、とても参考になりました。

世界観が構築されているハウツー本って、いいですね。
私も、このブログの世界観を作りたいものです。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る TOP » 雑学 » 森岡弘のファッションスーツ術とは?本を出版するスタイリストの方法