恋の寿命は●年!? 危ない彼氏と続かない理由 | 社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る

恋の寿命は●年!? 危ない彼氏と続かない理由

Sponsord Link

恋人との仲って、続く方でしょうか?

私は、1年くらいで終わることが多いですが、

長い人は何十年も一緒にいますよね。


恋愛の寿命



何年も続いている人って、脳科学的にも、すごいらしいです。

というのも、本来恋愛には寿命年数があるんです。

では、恋愛の寿命が、何年かと言うと……。



恋愛に関係しているホルモン


ロマンのない話になりますが、

脳内に分泌される物質が、恋愛には関係しています。

恋愛の寿命2



その名も「PEA」。

別名「恋愛ホルモン」です。


この恋愛ホルモンが作用すると、

恋人のことが客観的に見れなくなり、

気になる」状態になります。

ですが、PEAはいつまでも出続けるわけじゃないんです



恋愛ホルモンの寿命は4年


一人の相手に対してPEAが出るのは、長くて4年

しかも、2~3年で減少がはじまります。

恋愛の寿命2



ですから、

「あなたの全部好き! 何をされても許せる」って状態は

4年で終わってしまうのです。


なんだか、切ない話ですよね。

私は、永遠の愛とか、憧れるんですけど、

ファンタジーのようです。


とはいえ、

「恋して4年以降は先は、嫌いになっていく」

のかというと、もちろんそんなわけないのです。



4年以上は、安心感が鍵


関係が4年以上になると、

PEAは分泌されなくなりますが、

かわりにセロトニンが分泌されます。

「セロトニンって、聞いたことある気がする」

って感じですよね。


セロトニンとは、

「生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節するホルモン」

で、安心感や多幸感を覚えるホルモンです。


ですから、この「安心感」を軸に付き合っていけば、

いつまでも関係を保てるのです。

だからこそ、安心を感じられない相手だと、

関係が終わってしまうことになりますね。


だから、「危ない男」とかの恋は長続きしないのでしょうか。

落ち着く相手が一番なんですね。

というか、私は2年続いた経験もないので、それ以前かも知れません……。


自分の恋愛ホルモンが出ていた頃を思い出すと、笑えますね。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

社会や芸能人のニュースと噂を優しく語る TOP » 雑学 » 恋の寿命は●年!? 危ない彼氏と続かない理由